ネット・PC

ソフトウェアのライセンスを違法共有サイトに1回アップすると77万4千651回コピーされる


海賊版ソフトがよくない理由として「正規版ソフトが売れなくなる」というものがありますが、それでは具体的にどれくらいの影響があるものなのでしょうか?セキュリティソフト「Avast」が興味深い調査結果を発表しています。


Avastが、アメリカ・アリゾナ州にある従業員数14名のある企業に同社のソフトウェアを販売したところ、そのライセンスコードのうちの1つが流出したことが判明しました。

Avastは拡散する様子を観察することに決定。結果、1年半の間に違法なライセンスで77万4千651回のインストールが確認されたそうです。これは正規ユーザーの3/4にあたる数です。

拡散は200カ国に及び、その中にはローマ法王のお膝元、バチカン市国の2台のコンピューターも含まれているとのこと。

「この速度は非常に興味深い。しかしパーティーには終わりがあるものだ」とAvastの広報担当者は語っており、現在海賊版を利用しているユーザーのマシンで正規版の購入やむよう番への入れ替えを呼びかけるポップアップを表示させており「それなりの結果が出ている」そうです。

ソース:Single software licence shared 774,651 times | Security | News | PC Pro

ファイル共有サイトにアップされた1つのソフトウェアライセンス、774,651ユーザにシェアされる – スラッシュドット・ジャパン

関連記事

「本当に人気のあるプログラミング言語」ランキングを計測する方法と結果 – DNA

SSH接続でよく使われる「ユーザー名」と「パスワード」を収集し、1時間ごとにタグクラウドにして公開しているサイト – DNA

空港のX線スキャン検査官に「この検査は違法ですよ」と教えてあげられるTシャツ – DNA

あのトラウマがよみがえる……!Internet Explorerの「あのエラー」をJavaScriptで見事に再現 – DNA

告発サイト「ウィキリークス」創設者の逮捕に抗議してハッカー集団が各所を攻撃中 – DNA

これぞリアル「スパイ大作戦」空港の超厳重なセキュリティを突破し飛行機に搭乗した男の、ものすごい変装テクニック – DNA

どんな泥棒にも決して手が出せない、究極の自転車盗難対策ロック – DNA

被害総額がいったいいくらになるのか想像もつかない交通事故の画像 – DNA

車のエンジンを盗まれた男性、「売ります・買います」掲示板で犯人を見つけ出して「復讐」 – DNA

35年前に盗まれた自動車、持ち主のもとに無事帰る – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧