世界のびっくりニュース

史上最悪の原油流出事故があったメキシコ湾の海底は今こんなことになっている


今年4月に発生したメキシコ湾原油流出事故では、85日間にわたり延べ78万キロリットルの原油がメキシコ湾に流れ出ており、環境に甚大な被害を与えました。当時、原油の吹き出る様子がライブカメラに捉えられており大きな反響を呼びましたが、今メキシコ湾の海底はどのようになっているのでしょうか?アメリカ・ABCが潜水調査に同行し、取材を行っています。


アメリカのテレビ局ABCが、研究チームと深海探査船アルビン号に同乗。アメリカ海軍所属の調査船でタイタニック号の潜水調査にも使用された。

光もささない1500mの深海。

そこは、植物も魚もまったく存在しない死の海だった。原油などの汚染物質が数インチの厚さで積もってしまっているらしい。

紫外線を当てるとこの通り、原油に含まれていた鉱物が蛍光反応を返しています。

動画はこちらから。
Submarine Scours Bottom of Gulf – ABC News

ソース:Exclusive: Submarine Dive Finds Oil, Dead Sea Life at Bottom of Gulf of Mexico Near BP Spill Site – ABC News
トップ画像:Flickr: SkyTruth’s Photostream

関連記事

メキシコ湾の原油流出のシャレにならないライブムービー – DNA

ロンドンで発生したすべての殺人事件をGoogleマップ上にプロットする「MurderMap」 – DNA

ロンドンの警官は238項目のチェックリストを消化しないと出動することができない – DNA

恐るべき資本主義、チリ鉱山労働者救出ミッションのYouTubeムービーがすごいことに – DNA

[閲覧注意]ちぎれた左手を腕ではなく足に接ぎ、再び腕に戻す手術に成功 – DNA

自動車にとって携帯電話がいかに危険かよく分かる動画 – DNA

背任、独占、殺人などで最も嫌われている10の企業 – DNA

被害総額がいったいいくらになるのか想像もつかない交通事故の画像 – DNA

4340人の死亡事故からみた、「アメリカで最も危険な職業トップ10」とは – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧