アートとデザイン

視覚障害者でも使いやすい、購入内容が点字で浮かび上がる電子クレジットカード


健常者が当たり前のように使っている社会的なインフラが、ある障害を持っている人はまったく利用できないということはよくあります。しかし、技術が問題を解決することがあるのも事実。これは支払いの明細書を読むことができない視覚障害者でも安全に使うことができるクレジットカードのコンセプトデザインです。


クレジットカードを通常通り読み込んだあと、サインする代わりに指紋で認証。

印刷された請求書の代わりに点字で内容を表示。

点字で表示されるのは店名と買い物の総額。内訳は内蔵スピーカーで読み上げさせることも可能。

指紋認証部分は店側で持ったほうが故障が少なくなりそうな気がします。

カメラ付きの携帯電話によって手話による通話が可能になったように、技術の進歩が今まで問題であったことを問題でなくしてしまうケースはたくさんあります。これはコンセプトデザインですが、人間には解決できない問題はない、という希望を持たせてくれますね。

ソース:Credit Card for the Blind by Kwon Ki Nam » Yanko Design

関連記事:

トイレドアの衛生的で画期的な開閉システム – DNA

机の上にあったら何となく楽しい気分になるメモ帳・付せんいろいろ – DNA

どうしても筋肉をアピールしたい人向け、筋肉を見せつけすぎなTシャツ – DNA

ちょっとでも数学が好きになろうとした男の子らしい工夫 – DNA

あらゆる買い物で大活躍する「1ドル紙幣」の秘密いろいろ – DNA

目に見えない「空気」がきれいなことをうまく宣伝しているビルボード広告 – DNA

ぼくらの自動車に足りないもの – DNA

ロンドン象徴「ニ階建てバス」が現代の技術により生まれ変わって復活 – DNA

そっくり過ぎ?スティーブ・ジョブズのアクションフィギュアが登場 – DNA

色々な意味で危険な「ピストル型クシ」が販売中 – DNA

ハイスピードカメラを使って列車からホームを撮ると「マシンガン撮影」風の動画になる – DNA

iPhone 5がどうなるのか大胆予想図 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧