科学と技術

千里の道も一歩から、「NASA」の宇宙基地の成長を写真で見る


国中の天才を集めて組織されている、まさに「合衆国の象徴」アメリカ航空宇宙局NASAですが、敗戦国ドイツから亡命してきた優秀な人材に加え、ものすごい規模の宇宙基地を持っているわけですが、その広大な施設が少しずつ出来上がっていく写真です。


元々農園だったジョンソン宇宙センター。



これは飛行中の凍結状態を再現するための特殊な風洞。








人類を月に送り込んだロケット、サターンVのエンジンをテストするための施設。すさまじいパワーを受け止めるためにものすごい量の鉄筋とコンクリートが使用されています。


建設中のロケット組み立て棟。すぐ右の赤いタワーからサターンは発射されました。

ケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターの射点。

ソース:Building NASA – a set on Flickr

トップ画像:All sizes | Buzz Aldrin on the Moon | Flickr – Photo Sharing!

関連記事:

こんなに違う、1960年と2010年の両親のしかり方 – DNA

世界の中心は「東京都昭島市郷地町2丁目9」であることが判明 – DNA

こんな穴なら入りたい……何でも飲み込んでしまいそうな世界の巨大な「穴」いろいろ – DNA

砂漠に人工的に作られた2つの都市、ドバイとラスベガスの昔と今 – DNA

船や飛行機、家など超巨大なものを運んでいる写真いろいろ – DNA

まさに「魔都」中国最大の都市・上海の驚異的な発展がよくわかる3枚の写真 – DNA

ついに宇宙人発見か、重力も大気も地球そっくりな惑星が発見される – DNA

まさにロボコップ、軍用強化外骨格「XOS2」のかっこよすぎる動画 – DNA

レクサスが誇る世界最先端の運転シミュレーターのムービー – DNA

ミクロの世界から宇宙の限界まで、あらゆるサイズのものを比べられるFlash「The Scale of the Universe」 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧