アートとデザイン

ニューヨーク市民が日々刻々何にムカついているかのインフォグラフィクス


ニューヨーク市では、市民の苦情を受け付けるため専門ダイヤルを開設していますが、そこに寄せられる苦情の内容を時間軸でまとめたインフォグラフィクスがなかなか面白いことになっています。結構「あ、この時間はこんな苦情があるんだ」という意外な発見があります。


昼は騒音の苦情が少なくなったり、街灯に関するクレームが夜より昼ごろのほうが多かったりと、なんとなく街の様子が伺えるような結果です。

こちらは郵便番号別の1週間あたりの苦情件数。ブルックリン、ブロンクス辺りはやはり多くなるようです。

ソース:What a Hundred Million Calls to 311 Reveal About New York | Magazine | Wired.com

関連記事:

「俺らのネタパクんな」海外版「2ちゃんねる」ユーザーがTumblrブログのユーザーに宣戦布告、大規模襲撃の可能性 – DNA

「このコップには……」これがギーク的「楽観主義」だ – DNA

「人間関係をおかしくしてしまうゲーム」トップ20発表、1位は話題のアレ – DNA

[閲覧注意]ちぎれた左手を腕ではなく足に接ぎ、再び腕に戻す手術に成功 – DNA

「これが内蔵Blu-rayだよ」とWindowsがMacをおちょくるCMを放映開始、マイクロソフトの逆襲始まる – DNA

パクリ疑惑のある中国車とオリジナルと思われる自動車との比較画像 – DNA

パリとニューヨーク、モダンな2つの都市の違いをイラストで表現 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧