ネット・PC

Apple、日本のiTunes Storeで映画の販売・レンタルを開始、料金システムも発表


インターネットとテレビを直接接続、様々な番組のストリーミング配信を可能にするわずか8800円のデバイス「Apple TV」がいよいよ今週末日本でも出荷が開始されますが、それに先駆けてiTunes Storeでの映画の販売・レンタルが開始されました。詳細な料金システムについても同時に発表されています。


まずはコンテンツ提供社から。
本日から、20世紀フォックス、パラマウント・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニー・スタジオ、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・ピクチャーズといった主要なインターナショナルフィルムスタジオ、そしてアスミック・エース・エンターテインメント、フジテレビ、角川映画、日活、松竹、東映といった日本のコンテンツ・パートナーからの1,000本以上の映画をHD(ハイデフィニション)またはSD(スタンダードデフィニション)でレンタルまたは購入することができます。

料金はこちら。画質はHDとSDが用意され、SD版のレンタル料金が200円からという戦略的な価格。ダウンロード開始から30日以内に見始め、視聴開始から48時間再生可能とのこと。

iTunesでのHD映画の購入価格は、旧作および準新作が2,000円、新作が2,500円となっています。SD版は旧作が1,000円、準新作が 1,500円、新作が2,000円となっています。iTunesでのHD映画のレンタル価格は、旧作が300円から、新作が500円となっています。SD 版のレンタル価格は旧作が200円から、新作が400円となっています。

その他の情報は以下のプレスリリースからどうぞ。

ソース:Apple、日本のiTunes Storeで映画の提供を開始

関連記事

MacBook Air購入検討者は「見てはいけない」、魅力たっぷりの実機レビューページ総まとめ – DNA

iPhone vs Android vs Blackberryユーザーを偏見に満ちすぎた目でイラストにするとこうなる – DNA

最新のiPhoneを超レトロな黒電話にするクレードル「iRetrophone」 – DNA

ドコモ回線で利用できる「SIMフリー版 iPhone 4」などのスマートフォン本体と日本通信のSIMカードがセット販売へ – DNA

発売直前に不安な告知、PlayStation Moveプレイ中にトルネの録画が開始されると動作が不安定になることをソニーが発表 – DNA

クレードルやPCキーボードとしても使えるiPhone用外付けキーボード「Omnio WOWkey」 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧