ネット・PC

「このコップには……」これがギーク的「楽観主義」だ


楽観主義者は「このコップにはまだ半分水が残っている」と言い、悲観主義者は「このコップにはもう半分しか水が残っていない」と言うそうです。しかしこれはごく一般的な人たちの場合。ある意味色々なものを乗り越えてしまったギーク達は、コップに半分だけ入った水を見て、このように考えるのだそうです。


「(半分の水と半分の空気)このように、厳密にはグラスは常に満杯である

やや屁理屈っぽいですがその前向きさ加減には頭が下がります。

ソースの記事のコメント欄では物理科学や哲学など、あらゆる面から多大な考察が行われているようですが、記事の分量的にとてもすべては訳せません。ただ「あーこれ知ってたわー子どもの頃から知ってたわー」「一方、エンジニアは『コップが大きすぎる』と言った」など、コメントもギークっぽかったということを付け加えて起きます。

ソース:It’s full. : pics

関連記事

世界の中心は「東京都昭島市郷地町2丁目9」であることが判明 – DNA

あなたは見張られている……監視社会の恐怖 – DNA

学力テスト珍プレー・好プレー・海外版 – DNA

アメリカで「あらゆるマクドナルドから一番遠い場所」はこんな感じだった – DNA

自分の体に火をつけたまま、超高層ビルからパラシュートなしで飛び降りるエクストリーム過ぎるスタントの動画 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧