世界のびっくりニュース

ドアも鍵も侵入者を防ぐには十分ではないのか……と思わされてしまう秀逸な広告


私達はドアや窓にしっかりと鍵をしめておきさえすれば安全に問題はないと考えますが、その思い込みが命取りになることがある、ということを教えてくれる広告です。一通り見て、よく考えるとじわじわと怖さが伝わってくるかもしれません。

このように、ドアの下から差し込むと勝手に立ち上がって箱の形になるという広告。

こうやって画像でみると「??」と思うかもしれません。しかし家に帰ってドアを開けたら箱が足元に置いてあったら一体どういう気持ちになるでしょうか。これは「もしかして私が家にいない間に誰か入ってくることができたんじゃ……」ということに気づかせるための広告なのです。

動画はこちらから。この広告はマンションのセキュリティの売り込みにかなり効果を上げたそうです。
Box / ADT Chile – YouTube

関連記事:
見事にセキ止め薬が必要なことを表現している広告 – DNA

あなたは見張られている……監視社会の恐怖 – DNA

SSH接続でよく使われる「ユーザー名」と「パスワード」を収集し、1時間ごとにタグクラウドにして公開しているサイト – DNA

「あなたの子供が何を見ているかしっていますか?」ポルノから子供を守るよう親に警告しているポスターが秀逸 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧