アートとデザイン

60年間戦ってきたフェラーリのF1マシン進化一覧


F1世界選手権創設時から参戦を続ける唯一のF1コンストラクターである「スクーデリア・フェラーリ」。

2009年までに最多の16回のコンストラクターズタイトルを獲得、また、9人のワールドチャンピオンも輩出しているF1屈指の名門チームの60年間の歴史の一覧です。

左側が1950年のマシン。右側が2010年のマシン。マシンフォルムは全く違いますが、どちらも魅力的。

以下は、1950年代から2000年代まで10年ごとの、車体フォルムの推移です。

1950年代のマシン。

1960年代のマシン。

1970年代のマシン。

1980年代のマシン。

1990年代のマシン。

2000年代のマシン。

ソース:Público.es – Los abuelos de Alonso

関連記事

アブダビ名物「フェラーリ・ワールド」の世界最速ジェットコースター、Ferrari Rossoの実力とは? - DNA

フェラーリ初の四輪駆動システムを採用した「Ferrari FF」の写真と詳細スペックが公開 - DNA

フェラーリのV8エンジンで走るサンドバギー風ビークル「Wazuma V8F」 - DNA

ハッセルブラッドの中判デジタルカメラシステム「H4D」にフェラーリ限定版が登場 - DNA

フェラーリV12エンジンの実物大木彫り模型がネットオークションに出品中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧