科学と技術

ブガッティの3Dプリンタ製ブレーキキャリパーが思いっきり火を吹く実験動画


自動車の部品の中でも信頼性が求められるのがブレーキまわり。特にブレーキディスクの勢いを受け止めるブレーキキャリパーは特に強度が問題になりますが、これを3Dプリンタで製造し、実験している動画です。

ケースの中から取り出されたブレーキキャリパー。

曲線や左右非対称な部分がたくさん見られるのは計算による構造最適化の賜物。こうすることで各所にかかる力を均等にすることができます。どこか生物的でもありますね。

換算すると時速300km超の回転スピードから一気にブレーキング。思いっきり火を吹いていますが壊れる様子はありません。

動画はこちらから。
Bugatti testing the world’s first 3D printed brake caliper – YouTube

3Dプリンタは手軽に造形できる反面、精度や強度に問題を抱えていましたが、近年は銃の製造にも使えるようになるなど、多くの問題が解決しました。自動車1台まるごと出力できるようになる日もひょっとしたら近いのかもしれませんね。
金属3Dプリンタによる1911型45口径ピストルの製造・実射にアメリカの企業が世界で初めて成功 – DNA

関連記事

アメリカ当局、3Dプリンタ製拳銃の検査動画を公開し「安全性に問題あり」と勧告 - DNA

イギリスの新聞記者、ドーバー海峡横断鉄道に3Dプリンタで印刷した拳銃を持ち込む実験に成功 - DNA

金属3Dプリンタによる1911型45口径ピストルの製造・実射にアメリカの企業が世界で初めて成功 - DNA

金属3Dプリンタ製45口径1911ピストルに関するQ&Aを製造元が公開 - DNA

3Dプリンタで出力するナイロン樹脂製アルトサックスをスイスの研究者が開発 - DNA

レンズまで完全に3Dプリンタで出力することができるフィルムカメラ「SLO: 3D Printed Camera」 - DNA

3Dプリンタ大手MakerBot社が要のパーツ「エクストルーダー」を大改修した「SmartExtruder+」を発売 - DNA

3Dプリンタを使ってフルスクラッチしたカマロのV8エンジンの模型を動かす動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧