科学と技術

MRIスキャナの轟音を音楽に変換する技術のデモ動画


健康診断や手術のための検査ではもうおなじみの技術となったMRI。体を切ったり管を入れたりせずとも、体内の様子が分かる装置ですが、検査中はものすごい騒音が出るためにちょっと怖いのが難点。そんなMRIをコントロールし、検査中に音楽を奏でさせるという方法が発表されました。


MRIは磁石とコイルが作る強力な磁場を利用する装置ですが、その時発生する磁力によって強力な振動が起こり、騒音となります。今回開発された技術では、磁場を作り出す電流のON/OFFタイミングを、任意のMP3ファイルから生成することでこの振動を制御。検査の速度・精度はそのままにMRIスキャナ全体をスピーカーとするというもの。

スピーカーも何もなしで、MRIスキャナがヨーヨー・マが演奏するバッハの無伴奏チェロ組曲第1番を演奏しています。
MUSIC FROM MRI GRADIENT SYSTEM – YouTube

MRIスキャナ室は、その磁場のために持ち込めるものがすごく制限されてしまう場所。気分を紛らわすための音楽がMRIスキャナだけで完結するというのは安全でしかも面白いアイディアですね。
MRIスキャナ室に金属で出来たものを絶対に持ち込んではいけないことがよく分かる実験動画 – DNA

関連記事

一流の舌や喉の動きは異次元、歌唱中のオペラ歌手をMRIスキャンした映像が凄い - DNA

神秘の構造、いつも食べている身近な野菜や果物をMRIで撮影したらこうなる - DNA

MRIスキャナ室に金属で出来たものを絶対に持ち込んではいけないことがよく分かる実験動画 - DNA

超強力なネオジム磁石の吸着力でいろいろなモノを破壊している動画 - DNA

一部のスキャナで「勝手に原稿の数字を書き換える」エラーが出ることが明らかに - DNA

現場の空間を丸ごと記録できる3Dスキャナをニューメキシコ警察の鑑識課が導入 - DNA

本を断裁することなくスキャンできる1万6千円のブックスキャナ「Book Saver」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧