科学と技術

高速回転する磁石でフライパン自身を発熱させてタマゴを焼いてみた動画


磁力線を交差させることで金属を加熱させる誘導加熱、いわゆるIH調理器の原理をDIYでやってみたのがこちらの動画。シンプルな仕組みですがバッチリIH調理器になっています。

回転台に磁石をネジ止め。この上に天板を介してフライパンを置きます。なるべく分厚く、小さめのものが加熱には有利とのこと。もっとも普通のIHヒーターと違って、一回運動エネルギーに変化させているので効率はあまりよくありませんが……。

緊急時は自転車のように足漕ぎ回転でも代用できるようになったりするのでしょうか。動画はこちらから。
Induction Stove – Using Magnets to Cook – YouTube

電磁力で加熱、というと大変未来な感じがするもの。今は若干見た目が地味ですが、将来はこんなSFチックな調理方法が出てくるかもしれません。
レーザー光線でインスタントコーヒーやポップコーンを調理する動画 – DNA

ソース:Induction Stove – Frying Eggs with Magnets

関連記事

レーザー光線でインスタントコーヒーやポップコーンを調理する動画 - DNA

電子レンジと相性の悪いものばかりをチンしてみた動画 - DNA

食べ物を電子レンジで温めるのは意外と難しいことがよく分かる画像いろいろ - DNA

SF兵器「電磁投射砲(レールガン)」アメリカ海軍が2016年に洋上テスト開始 - DNA

超強力なネオジム磁石の吸着力でいろいろなモノを破壊している動画 - DNA

上を走ると充電できる電気自動車専用道路システムをルノーが開発 - DNA

「マイスナー効果」によって浮いているのにレールから脱線しない鉄道模型の解説動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧