科学と技術

クッキーの抜き型を作る工場のいつまでも見ていられそうな動画


工作機械が正確に繰り返し作業をしていく様子はなぜかじっと見つめていたくなってしまうもの。こちらはとある工場で、クッキー型を生産しているところですが、鉄板の輪がまたたくまに色々な形をとっていくところはいつまで見ていても飽きません。


動画はこちらから。

こちらは手作業でプレスしていくところ。

輪っかの部分が余らずプレスされていくのが当然といえば当然ですが、不思議です。

企業はこうした繰り返し作業は「退屈なもの」と自称していますが、実際、カメラのボディを磨くといった作業すら興味深いもの。こちらもひたすらヤスリをかけているだけの動画ですが、飽きずに見ていられます。
自称「史上最も退屈な広告」アルミボディをただひたすら研磨仕上げするところを45分間撮影しただけの「ライカT」プロモーション映像 – DNA

関連記事

ボーイング737が9日で出来上がる、世界最大の航空機工場・製造ラインはこんな感じ - DNA

ライカM10はドイツの工場でどのようにして製造されているのか - DNA

鉱山機械用の超巨大歯車はどのようにして製造されているのかを撮影したタイムラプス映像 - DNA

世界最高のピアノ「スタインウェイ」の製造工程を撮影した写真「Making Steinway: An American Workplace」 - DNA

23年の歴史にピリオドを打った最後のランエボ「LANCER EVOLUTION FINAL」の製造工程の一部始終 - DNA

ただの金属ワイヤを魔法のように曲げていく機械の動きがすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧