科学と技術

予算600ドルとモーター2個で作る自動靴紐結びロボットの動画


実用的なロボットを1から作る予算としてはミニマムに近い600ドル(約6万6千円)とモーター2個を使って作られた靴紐結びロボットがこちら。めちゃくちゃシンプルなメカですが、きちんとちょうちょ結びをしてくれます。


動画はこちらから。
Shoe Tying Robot – YouTube

人間には単純な動きでも、ロボットにとっては難しい動きはまだまだたくさんあります。「タオル折り」もその一つ。こういうシンプルな技術の積み重ねが次のスゴいロボットを生み出しているのです。
ロボットサイエンスがまた1歩進化、今度は「タオルを折れるロボット」が誕生

関連記事

「自動スナック菓子食べさせロボットアーム」が全力でスナックを叩きつけてくる失敗動画 - DNA

1時間に1000個ブロックを積める石工アシスタントロボット・サムの動画 - DNA

[閲覧注意]ゲロがどれくらい飛び散るかを調べる「嘔吐シミュレーター」ロボットの動画 - DNA

手術ロボットがブドウの皮を縫い合わせる精密作業デモがすごい - DNA

ロボットアームが「指の間にナイフを刺すゲーム」をする怖すぎる動画 - DNA

ロボットサイエンスがまた1歩進化、今度は「タオルを折れるロボット」が誕生 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧