世界のびっくりニュース

火だるま状態での100メートルダッシュ世界最速記録・最長ダッシュ記録が更新


お尻に火がつくと人間ちょっとだけ速く動くことができるそうですが、それでは全身火だるまになった人間はどれくらいの速さでどれくらいの距離を走ることができるのでしょうか。そんな誰もが興味を抱く世界記録が先日更新されました。

記録を更新したのはイギリスのスタントマン、アントニー・ブリットンさん。見たまんまの火だるま状態、しかも酸素補給ナシの状態でダッシュし100メートル24.58秒、走行距離204.23メートルを達成しました。

途中で火が小さくなってきたので燃料を足されるアントニーさん。すごい眺めです。

動画はこちらから。
Longest distance run on fire! – Guinness World Records – YouTube

世の中の人は結構カジュアルな感じで火だるまになっているようで、他にも全身燃えながらガケから飛び降りる人などもいます。世界って広いですね。
火ダルマになってガケから飛び降りるベースジャンパーがすごい – DNA

ソース:Fastest 100 m sprint (full body burn, without oxygen) | Guinness World Records

Longest distance run full-body burn (without oxygen) | Guinness World Records

関連記事

火をつけたジェンガを素手で抜いていく「炎のジェンガ」で遊ぶとこうなる - DNA

「炎のランナー」のテーマが似合いすぎる、子犬たちのスローモーション動画 - DNA

「マッドマックス」で流行中の「火を噴くウクレレ」の作り方 - DNA

数多の世界記録をもつ伝説の名シューター「ジェリー・ミチュレックだけど何か質問ある?」に寄せられたQ&Aまとめ - DNA

ルービックキューブ・ロボが世界新記録となる0.887秒で「1秒切り」達成 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧