科学と技術

砂糖とベーキングパウダーでウネウネ膨らむ「ヘビ花火」を作る方法を教えてくれる動画


普通の「ヘビ花火」「蛇玉」は石炭ピッチを使用していますが、この方法はどこにでもある砂糖とベーキングパウダー、アルコール燃料で出来るため、比較的安全にウネウネと膨らむヘビ花火を楽しめます。


材料は砂糖とベーキングパウダーを重量比で4:1に混ぜたもの。これに火をつけるとカラメルにガスが吹き込まれてスポンジのように膨らむという仕組み。

砂糖は普通のもの、普通のものを挽いて細かくしたもの、パウダーシュガーの3種で実験。パウダーシュガーのほうが膨らみは速くなるようです。燃料はイソプロピルアルコールと、BBQ用のジェリー着火剤を使用していますがすぐに燃えるアルコールのほうがスポンジが大きく膨らみます。

どこにでも手に入る材料でできるので大量にウネウネさせて遊ぶこともできます。

動画はこちらから。
Easy To Make FIRE Snakes – YouTube

なお見た目の関係上、こういう遊び方もできるようですが……一緒に遊ぶ人を選ぶやり方ですね。
世界でトップクラスに品の無い「ヘビ花火」の動画 – DNA

関連記事

世界でトップクラスに品の無い「ヘビ花火」の動画 - DNA

タイの超巨大回転花火飛ばしフェスティバル「ブン・バンファイ」のどう見ても危険な動画 - DNA

学校では教わらない、もの凄いことになってしまう化学反応のGIF動画いろいろ - DNA

悪魔召喚実験、とある粉末に火をつけると魔物の触手を呼び出すゲートになる - DNA

実験を成功させた科学者は研究室でこうやって密かに楽しんでいるらしい - DNA

低温下でスズのブロックが崩壊していく不気味な「ティンペスト」現象の動画 - DNA

スペースシャトルの耐熱タイルは摂氏1200度に熱した直後に手で持つことができる……という実験動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧