世界のびっくりニュース

空砲を乱射して新年を祝うオランダ人の伝統的な遊び「Carbidschieten」の動画


「何かを爆発させる遊び」はなぜか世界各地に存在しているのですがオランダも例外ではありません。この地域ではアセチレンガスを使った空砲を乱射する遊びで新年を祝うそうです。

「Carbidschieten”」はそのまま「カーバイド撃ち」の意。牛乳やペンキの缶に入れた炭化カルシウムに水を加えてアセチレンガスを発生させ、それに火をつけて大きな音をさせたり、ボールを飛ばしたりします。製鉄などで炭化カルシウムなどのカーバイドの入手が簡単になった19世紀以降に広まったそうで、新年や結婚などのお祝いでは定番の遊びになっているとか。

牛乳缶は見た目がのどかですが、中には軍事兵器にしかみえない装置もあるのも面白いところです。動画はこちらから。
Carbid Schiet Compilatie – YouTube

タイにも超危険そうな回転花火フェスティバルが存在しています。お祝いといえば爆発するもの、というのは世界共通のことなのでしょうか。
タイの超巨大回転花火飛ばしフェスティバル「ブン・バンファイ」のどう見ても危険な動画 – DNA

関連記事

25年前に放置されたシュールストレミングの缶詰が発見され軍の連絡により専門家が出動 - DNA

スイカに2万ボルトの電流を流して大爆発させてみたスローモーション動画 - DNA

タイの超巨大回転花火飛ばしフェスティバル「ブン・バンファイ」のどう見ても危険な動画 - DNA

スロベニアのゴールキーバーはキャノン砲で練習をしている - DNA

エクストリーム火遊び、ガス爆発でドラム缶を空中高く打ち上げて遊んでいる動画 - DNA

ロシアでは雪の塊を火薬で吹っ飛ばすとなぜか犬が爆誕する - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧