アートとデザイン

プラスチック模型がカメラの魔術で動き出す「3Dゾエトロープ」の動画


少しずつ動いた模型をターンテーブルに乗せ回転させたものをうまくカメラで撮影すると、不思議なことに動いているように見える「ゾエトロープ」。ただの模型が、永遠に魚を食べ続けるのはとても不思議です。

動画はこちらから。
4-Mation carousel 2: Fish eating Fish – a 3D Zoetrope – YouTube

こちらはカエルが飛び続けるゾエトロープ。ちなみに撮影用のカメラコントローラーと3Dモデルはキットととして販売予定だそうで、現在Kickstarterに出品の準備中ということです。
4-Mation carousel 1: Jumping Frogs – a 3D Zoetrope – YouTube

模型を手作りするとものすごく大変ですが、コンピューターを使えば少なくとも正確な繰り返しが可能です。こちらはルーベンスの「幼児虐殺」をゾエトロープ化したもの。3Dモデルをコンピューター上で少しずつ動かしたものを3Dプリンタで出力することで、圧倒的な物量感を出しています。
圧倒的物量で「幼児虐殺」を再現した3Dプリンタ製ゾエトロープの動画 – DNA

関連記事

ホテルの内部を徹底的に3Dスキャンしその複雑さに光を当てた動画「Hotel」 - DNA

凄まじい努力の結晶、ストップモーション・アニメーション映画の舞台裏を撮影したタイムラプス映像 - DNA

バーチャルとリアルの境目で階段を上り続けるクマのストップモーション動画「BEARS ON STAIRS」 - DNA

Autodesk Mayaで作ったリアル過ぎる群衆の3Dアニメーション - DNA

圧倒的物量で「幼児虐殺」を再現した3Dプリンタ製ゾエトロープの動画 - DNA

東北地方太平洋沖地震が発生した瞬間の「音」を3Dプリンタで可視化したアート - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧