エンタメ

「ブレードランナー2049」2本めの前日譚ショートムービー「2048:NOWHERE TO RUN」公開 3本目は「日本製アニメ」であることも判明


現実も物語中の時間も、前作からほぼ30年が経過した「ブレードランナー2049」。先日、この30年の間に何があったかを語る前日譚ショートムービー「2036: Nexus Dawn」が公開されましたが早速2本目である「2048:NOWHERE TO RUN」が登場。そして3本目は「日本製アニメ」になることも明らかにされました。


「2048:NOWHERE TO RUN」は本編の1年前、2048年のロサンゼルスが舞台。デイヴ・バウティスタが演じる逃亡中のレプリカント、サッパー・モートン。レプリカント禁止法に追われる中都会の混沌に紛れ、ひっそりと暮らす彼がトラブルに巻き込まれ……という内容。

本編予告編ではライアン・ゴズリング演じるブレードランナー「K」と対面していますが、このショートムービーのあらすじはそこにつながっていくのでしょうか。

字幕版はこちらから。
【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」 – YouTube

また3本目は「2049」の世界ができあがる直接の出来事となった2022年の電子的大災害「ブラックアウト」の世界が舞台になる模様。海外でも人気の高いアニメ「カウボーイ・ビバップ」を送り出してきた渡辺信一郎氏が描く「ブレードランナー」はどのようなものになるのか今から楽しみです。
渡辺信一郎監督 ブラックアウト 2022 予告 – YouTube

関連記事

前作から「ブレードランナー2049」までに何があったのかを語る公式ムービー「2036: Nexus Dawn」公開 - DNA

映画「ブレードランナー 2049」の公式長編予告編が公開 - DNA

「ブレードランナー」の主人公・デッカードの住む部屋をウロウロできるVRプロジェクト「Blade Runner 9732」 - DNA

名作SF「ブレードランナー」公開前の視聴者アンケートは酷評だらけだった - DNA

圧倒的なサイバーパンクビジュアルで迫るアドベンチャーゲーム「The Last Night」PC・Xbox版予告編がE3で登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧