エンタメ

前作から「ブレードランナー2049」までに何があったのかを語る公式ムービー「2036: Nexus Dawn」公開


「ブレードランナー2049」公開まであと少し。上映時間がめちゃくちゃ長いそうですが、それでも30年のブランクを埋めるのは厳しいのか前作2019年から2049年までの30年間に何があったのか教えてくれる豪華なショートムービーが公開されました。

「2036: Nexus Dawn(ネクサスの夜明け)」と題されたショートムービーは、第1作の監督リドリー・スコットの息子、ルーク・スコットが監督したもの。本編にも登場する盲目の企業家、ネアンデル・ウォレス(ジャレド・レト)がレプリカント法案の審議会に呼ばれ「とあるデモ」を披露するという内容ですが……。

動画はこちらから。
BLADE RUNNER 2049 – “2036: Nexus Dawn” Short – YouTube

字幕版はこちらから。
【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2036:ネクサス・ドーン」 – YouTube

……単体だと「どーいうこと?」となってしまう内容ですが、公式サイトのコンテンツ「Road to 2049」を見れば分かるはず。

Road to 2049 Official Site – Blade Runner 2049 – In Theaters 2017

前作の2019年から2049年までの30年の間に何が合ったのかをタイムラインで教えてくれるサイトです。抜粋するとこんな感じ。

2019: 前作の舞台。ブレードランナーのデッカードがレイチェルと失踪

2020: 創業者の死後のタイレル社、寿命の制限をなくした新型レプリカント、ネクサス8を開発。虹彩に特徴がある。

2022: アメリカ西海岸における謎のEMP「ブラックアウト」事件により電子機器・ネットワークの大規模破壊が発生、世界が大混乱に陥る。

2023: レプリカント製造禁止法が発足

2025: 新興企業・ウォレス社が世界的な食糧不足を解決する技術を無償で提供。大きな力をもつ。

2030年初頭: ウォレス社、新型レプリカントの開発を研究

2036: レプリカント製造禁止法撤回

2049: 地球上の資源が人類の生存の限界を迎える。

今回のショートムービーは2036年、禁止法撤回のきっかけになった出来事を描いたもの……というのが分かります。こうしたショートムービーは10月6日の公開までにあと2本が公開されるとのこと。タイムラインのサイトにも「空きスペース」らしきものが用意されているので、おそらくそこに当てはまる内容のものになるのではないでしょうか。楽しみですね。

関連記事

「ブレードランナー」劇中の環境音を72時間流せるYouTubeプレイリスト - DNA

映画「ブレードランナー 2049」の公式長編予告編が公開 - DNA

誰も真実からは逃れられない……「ブレードランナー2049」予告編第2弾が公開 - DNA

レプリカントとひたすら追いかけっこ「ブレードランナー」を60秒に圧縮した動画 - DNA

Arduinoを仕込んだテディベアに「ブレードランナー」の名セリフを喋らせる動画 - DNA

名作SF「ブレードランナー」公開前の視聴者アンケートは酷評だらけだった - DNA

圧倒的なサイバーパンクビジュアルで迫るアドベンチャーゲーム「The Last Night」PC・Xbox版予告編がE3で登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧