アートとデザイン

超難解なルービックキューブ式パズル「CrazyBad 4x4x6 Fisher Cube」


3x3x3マスのルービックキューブには、色々なマニアが作り出した亜種がたくさん存在しています。マスの数を増やしたものや立方体ではなく直方体にしたものなど様々ですが、こちらは「斜め」にヒネることができるという恐るべきパズルとなっています。


「CrazyBad 4x4x6 Fisher Cube」は、CrazyBadCuberことダン・ファストが作り出したパズル。同じくパズル製作者のトニー・フィッシャーが開発した斜め回転システムを取り入れた「Fisher Cube」は、悪夢の如き難解さを見せてくれます。

見た目は直方体、ですが……

あっというまに意味不明な形に。

動画はこちらから。
The CrazyBad 4x4x6 Fisher Cube – A Puzzle I Cannot Solve – YouTube

シンプルなものほど泥沼的な魅力があるのがパズルのいいところ。こちらのブラウザゲームも抜け出せない面白さが詰まっています。
悔しいほどにハマるシンプルなパズルのブラウザゲーム「2048」 – DNA

関連記事

ルービックキューブ・ロボが世界新記録となる0.887秒で「1秒切り」達成 - DNA

17x17x17のルービックキューブを7時間半かけて全面揃えるタイムラプス動画 - DNA

才能あふれすぎ、片手腕立て伏せをしながら片手でルービック・キューブを解く男の動画 - DNA

おそらく世界で最も難易度の高いルービック・キューブのバリエーション「Movable Type Cube」 - DNA

悔しいほどにハマるシンプルなパズルのブラウザゲーム「2048」 - DNA

Google、データ解析の結果「面接の難問奇問パズルはムダ」と結論 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧