科学と技術

高層ビル建築用のクレーンはどういう風に設置されているのかよく分かる動画


建築中の高いビルの上に載ったクレーンは、いったいどこからやってきてどこに消えていくのか。当然人間が何かしているわけですが、その作業の様子はかなり壮大です。

ビルなどの高層建築を作るには物を吊るクレーンが欠かせません。しかし大規模なものになればなるほど土台や高い支柱が必要になりますが、大草原ならともかく、都会の真ん中の建築現場ではスペースに限りがあります。

こうした場合は「タワークレーン」と呼ばれるクレーンが使われます。クレーン車のように移動することはできませんが、建築物自身の高さを利用することで省スペース、そして自由に高さを変えることができます。

タワークレーンは、いわば自分でビルを登っていきます。こちらは「マストクライミング方式」支柱を途中で継ぎ足しながら高くなっていきます。
Crane Building Itself – YouTube

支柱がビルの中を通っていく場合、外を通る場合があるのですが、外を通る場合はこんな風に自分で縮んでいくことも可能です。
Crane Removal Time Lapse – YouTube

もう1つよく用いられているのは「フロアクライミング方式」。一定の高さまでビルが来たら、土台を引き上げて上に高くなります。いわゆる尺取り虫方式。
Internal Climbing Tower Crane 2 – YouTube

支柱がいらないのがメリット。上にどんどん伸びていけます。下ろす時はより小さなクレーンを使って大クレーンをおろし、しかるのちもっと小さなクレーンで小クレーンを……という風に下ろします。
Burj Dubai Crane Removal 14/10/09. OMG Mega Zoom – YouTube

クレーン技術は現代建築に必須のもの。それだけに高度化しており、こんな遊び方ができたりもします。よく目にするものですが仕組みを調べてみると面白いものですね。
小クレーンを吊る中クレーンを吊る大クレーンを吊る巨大クレーン車の動画 – DNA

関連記事

小クレーンを吊る中クレーンを吊る大クレーンを吊る巨大クレーン車の動画 - DNA

現在建設中の超高層ビル「上海中心」のクレーン操縦士が撮影したものすごい上海の絶景写真 - DNA

「空中プロポーズ」のための巨大クレーン車が横転して近所の屋根を破壊……カップルは無事婚約 - DNA

なぜこんなに多発する?船をクレーンで吊った時に起こる事故3パターン - DNA

娯楽が足りないのか……超高層クレーンで平均台遊びや懸垂をする動画 - DNA

この上なくワイルドに三階からソファを下ろす方法 - DNA

2台のショベルカーを使って激流の川ごしに人を渡すスゴ腕オペレーターの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧