科学と技術

「絵文字」柄のウロコをもつボールニシキヘビが8年間の交配の末に誕生


爬虫類の中にはウロコに美しい紋様が現れるものがいます。とあるブリーダーが、ボールニシキヘビのアルビノ種の交配を8年間続け「絵文字」をウロコに描き出すことに成功しました。


ボールニシキヘビのアルビノの中には、絵文字の柄を持つものが時々生まれるそうです。しかし、このようにはっきりとした色で3つの「顔」が現れるものはめったに現れないため、ブリーダーのジャスティン・コビルカさんは8年もの間、辛抱強く交配を続けました。

動画はこちらから。
Emoji Ball Python! – YouTube

ジャスティンさんによれば、このような模様が現れるのは「天文学的」にレアであるとのこと。大自然の神秘を感じる姿です。

関連記事

遺伝子の力を思い知る「子どもとその親が同じ年齢の時の顔」比較画像いろいろ - DNA

あらゆる人と仲良くなろうとする「ウィリアムス症候群」の子どもたち - DNA

バストのサイズを決定する遺伝子が発見される - DNA

種を超えた交配で誕生したハイブリッド(交雑種)動物たちの写真20選 - DNA

思わず生命の神秘を感じてしまう「フラクタル立体」の動画 - DNA

旧ソ連で生まれたサイキック達が大活躍するロシア版「X-MEN」みたいな映画「GUARDIANS」の予告編 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧