アートとデザイン

あこがれの職業「フライトアテンダント」約70年の制服の移り変わりを見せてくれる動画


旅客を乗せて飛ぶ飛行機に欠かせないのが、客室を取り仕切ってくれるキャビンクルーやフライトテンダントと呼ばれる人たち。運航スタッフとしての役割に加えて、旅客と直接応対することから機能的かつ華やかな制服を着用していますが、この制服の移り変わり約70年分をじっくり見せてくれる動画です。

「客室乗務員」の歴史は商業航空のごく初期からスタートしており、古くは1910年代の飛行船ツェッペリン号にも乗り組んでいました。当時は男性の仕事とされており、現在のように女性が多くなったのは戦中の頃のこと。アメリカで初めての女性フライトアテンダントは1930年にユナイテッド・エアラインズに採用されたエレン・チャーチさんで、機内看護師として搭乗していました。

狭い機内での作業や、事故の際の脱出の妨げにならないようその姿は実に機能的。「未来」にはこういう風になると紹介されていますが……さてどうでしょうか。

動画はこちらから。
100 Years of Flight Attendant Uniforms | Condé Nast Traveler – YouTube

世界的にはスーツ型の制服が主流ですが、民族衣装のデザインを取り入れたりしたものなど会社によってバリエーションは様々。あなたはどれが好きでしょうか。
どの機に乗りたい?世界各国の航空会社40社のスチュワーデス(客室乗務員)の写真 – DNA

関連記事

対テロ格闘訓練を受ける中国の美人フライトアテンダントさんたちの画像と動画 - DNA

どの機に乗りたい?世界各国の航空会社40社のスチュワーデス(客室乗務員)の写真 - DNA

1960年代に撮影されたスチュワーデス(客室乗務員)たちのカラー写真26枚 - DNA

ジェット旅客機が登場した時代に制作された航空会社の魅力溢れるビンテージポスターいろいろ - DNA

旅客機の中で酔っ払って暴れるとこうなる - DNA

アメリカ海軍のいろいろな制服を360度全周から眺められる公式Webアプリ「Uniform 360」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧