アートとデザイン

[閲覧注意]映画「ホーム・アローン」に血のりやゴア表現を足すとシャレにならなくなることがよく分かる動画「Home Alone With Blood」


留守番中にやってきた泥棒をあの手この手で撃退しようとするコメディ映画「ホーム・アローン」は老若男女誰でも楽しめるように、血が出るべきシーンでも見せないような演出になっているのですが、そこにあえて血を足してみると……刺激が強いので閲覧には注意が必要です。

Home Alone With Blood #1 – YouTube

Home Alone With Blood #2 – YouTube

Home Alone With Blood #3 – YouTube

Home Alone With Blood #4 – YouTube

後付の血のりなので、ちょっとタイミングや血の出る方向が違っているのですが、それでも血があるのとないのではまったく印象が違ってきます。普段大怪我でもしないと大量の血を見ることはないだけに、ショッキングですね。

[閲覧注意]訓練用のリアルすぎる負傷兵マネキン「Tactical Operations Medical Manikin」 – DNA

関連記事

[閲覧注意] 豪快なスプラッターを見せるタランティーノ映画の血しぶきが舞うシーンのみをまとめた「Tarantino: Blood」 - DNA

[閲覧注意]訓練用のリアルすぎる負傷兵マネキン「Tactical Operations Medical Manikin」 - DNA

[閲覧注意]傷口に詰めて15秒で止血する特殊スポンジ「XStat」 - DNA

[閲覧注意]極限までリアルに作られた「プロ用人体模型」が肉色ホラーで怖い - DNA

[閲覧注意]スーパーの食肉売り場で「切断された手」のフェイクを陳列してパニックに - DNA

[字幕動画]登場人物がやたら的確な判断をするホラー映画「Hell No」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧