世界のびっくりニュース

あの「iPhone7」ですら.50口径の対物ライフルを防ぐことはできないことが判明


Appleが世界に送り出した最新鋭スマートフォン「iPhone7」は100年ものの定番技術であるイヤホンジャックをとっぱらうなどかなり意欲的かつ斬新な設計となっていますが、それでもまだ.50口径の対物ライフルの弾丸を止めることはできないようです。


動画はこちらから。
iPhone 7 vs .50 Cal – YouTube

注目したいのは弾が抜けていったあとの穴。50口径という凄まじい弾が抜けた割には、全体の形はそれなりに保たれているなどiPhoneの剛性は以前から素晴らしいものがあります。

抜けた後もほとんど穴のサイズに変化がありません。弾丸がほとんど減速せずに抜けているということで、薄さもかなりのレベルに達しているようです。

このレベルになると強さをとるか重さをとるかという究極の2択になってしまいますが、iPhone7は軽く薄く、しかもそれなりに強いというベストバランスに近づきつつあるよう。いつか本当に50口径を止められる日が来るのかもしれません。

なお「火炎瓶の直撃に耐えられるか」など、興味深い実験も同時に公開されています。
Will Molotov Cocktail Destroy an iPhone 7? – YouTube

関連記事

未だ解決ならず Apple Watchは50口径のライフル弾でブチ抜けることが判明 - DNA

「iPhone6+」の「50口径のライフル弾に対する脆弱性」は修正されていないことが判明 - DNA

50口径の対物ライフル弾で自動車のエンジンをストップさせることはできるのか? - DNA

50口径のライフル弾を止めるのに何枚のコピー用紙が必要か実験してみた動画 - DNA

チタニウム板の防弾性能はどれくらいのものなのか50口径ライフルで試している動画 - DNA

50口径のライフルをぶっ放す時は決して横に立ってはいけない - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧