世界のびっくりニュース

「足を撃ったら赤ん坊みたいに泣き出したよ」アメリカの11歳少年が強盗を撃退


腕にナイフが刺さったまま強盗を取り押さえたグルカ兵など恐るべき人はたくさんいるのですが、こちらの11歳の少年も侵入してきた強盗を銃で撃つなどなかなかのバッドアスっぷりを発揮しています。

学校ではなく家で学習をしている11歳のクリス・ゲイター君が留守番をしていたところ、突然2階から誰かが降りてくる音がしました。クリス君はナイフを手に取り様子を伺っていたところ、見たことのない男が階段から現れたのです。

男は一旦姿を消しますが、再び現れた時には銃を手にしていました。そしてクリス君を脅したのですが、クリス君は慌てず家にあった9mm拳銃を取り出し「撃つぞ、出て行け」といったのです。

男はオモチャの拳銃だと思ったのか相手にせず、そのまま悠々とドアに向かって歩いて行きました。しかし父親から銃の撃ち方を習っていたクリス君は、背中を向けた強盗に1発威嚇射撃、逃げ出した強盗に向かって弾倉が空になるまで12発撃ち、うち1発を足に命中させました。

「フルメタルジャケットだ。あいつの足に当たったよ。赤ん坊みたいに泣いていた」と語るクリス君。実にバッドアスですね。

ソース:‘He started crying like a little baby’: 11-year-old brags about shooting suspected home invader – The Washington Post

関連記事

うっかり総合格闘技のチャンピオンを襲ってボコボコにされた強盗が逮捕 - DNA

コンビニのおじさん、レジ下から取り出した大ナタで強盗を撃退 - DNA

ムキムキ男性ストリッパー軍団の楽屋を強盗しようとした男が組み伏せられて逮捕 - DNA

パンツ一丁でデザートイーグルを持った男、強盗を取り押さえてお手柄 - DNA

まさに「ランボー」アフガンのグルカ兵がたった1人でタリバン兵との大銃撃戦を制す - DNA

パブに拳銃をもって押し入ったのに誰にも気づいてもらえなかった強盗が逮捕 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧