ネット・PC

宿泊すると本当の本屋で「お店経営体験」ができるAirBnBの部屋「The Open Book」


普段やったことの無いことをやってみるのが旅行の楽しいところ。観光やスポーツ体験も楽しいものですが、イギリスには「自分の本屋の経営者になれる」という極めてレアな体験ができる民宿があるのです。


ウィグタウンはイギリス北西部にある小さな小さな町。農業・酪農が主な産業でしたが1950年、近隣を通る鉄道が操業を中止すると経済は下降しはじめ、人口は減る一方でした。

しかし町おこし策の一環として98年「国指定本の街」に指定されたのが功を奏し、スコットランド地方最大の古本屋を含む10軒の本屋や、その他の書籍関連企業が拠点を置く街となっています。

部屋を提供する「The Open Book」はこのウィグタウンでNPOとして運営されている書店。こちらの2階に宿泊すると「書店を経営する体験」がついてきます。

宿泊者は書店のオーナーとして仕入れ以外のあらゆる仕事をやってみることが可能。読み聞かせ会や輪読会なども自由に開催できます。

お給料は出ませんがボランティアやインターンとも違った「体験の購入」なので、開店日を絞って外に遊びに行くのもOKです。

宿泊できる2階の部屋はこんな感じ。1泊約4300円で6泊7日からの予約を受け付けています。辺鄙な場所なので自動車での来訪が推奨されています。

旅行ではいわゆる「アクティビティ」としてパラセーリングやダイビング、クライミングなどの体験ができるイベントが用意されていたりしますが、本屋1軒まるごと経営できるチャンスはなかなかありません。究極の体験型リゾートと言っていいのではないでしょうか。

なおOpenBookは2人までの参加という制限がありますが、もっと大人数でごっこ遊びを楽しみたいという人はこういうサービスもオススメです。
600万円で「リヒテンシュタイン公国まるごと」をレンタルするサービスが提供開始 – DNA

ソース:The Open Book – a bookshop holiday! – Houses for Rent in Wigtown

関連記事

一度は訪れてみたい世界の美しく素敵な本屋さん16選 - DNA

機動隊になりきって民衆を蹴散らせる「暴動鎮圧体験コース」がイギリスで話題に - DNA

これは大人版キッザニア、「ビンラディン殺害作戦」を体験できるアトラクションが登場 - DNA

「思っていたよりもずっといいデートだった」という体験談いろいろ - DNA

怪物偵察機「SR-71」のコックピットを超高解像度でバーチャル体験できるサイト - DNA

ホームレスの人が生活している環境をめいっぱい体験できるスウェーデンのホテル「Faktum Hotels」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧