ネット・PC

「Fallout 4」発売のせいでアダルトサイトへのアクセスが激減していたことが判明


先日発売が開始された世紀末退廃世界うろつきFPS「Fallout 4」ですが、そのマニアックな世界観と裏腹に様々なジャンルのゲーマー達にウケている模様。その副作用としてアダルトサイトへのアクセスが相当減少していたことが「PornHub」の調査により明らかになりました。

さてそれではどのようなアクセス状況だったのでしょうか。こちらは横軸が時刻、縦軸に増減の割合をとったグラフです。ある時刻に普段と比べてどれくらいアクセスが変化しているか、その度合を示しています。

まず、午前2時から4時までに普段より増えているのは「ゲームのダウンロード待ちの間にエロ動画でも見るか」みたいな人がいっぱいいたものと思われます。それから午後3時ぐらいまでは、普段と比べてアクセスが1割ほど減っており、仕事に出かけなくともよいゲーマー達がのめり込んでいるのが分かります。

その後、退勤直前・直後のお勤め勢がエロ動画を見た後(ひょっとしたら見ながら夕食をとった後)またアクセスが減少。そして午前0時を回ったところでやっとその日のエロ動画摂取量を維持しようとするかのように、普段の15%増しでエロ動画へのアクセスが始まります。

Googleのアクセス解析では、これらゲーマー達それぞれが好むジャンルも分かるようです。最もエロ動画を見なかったのはスポーツゲーマー、その次にアクション、アドベンチャー&戦略モノ、ソーシャルゲーム、RPG、ハードコアゲーマー、ドライブシムと続きます。FPSゲーマーはほぼ普段通りエロ動画を見ていたように見えますが……

FPSゲーマーを表す緑の線に注目。ゲーム開始前にすごく盛り上がり、ゲームにのめり込み、そしてゲーム初日後はその緊張を一気に解き放つべく一気にエロ動画を見た……という最もピーキーなゲーマーはFPSゲーマーだったのです。

「Fallout」は核戦争後の地球で生き延びるためにウロウロするというマニアックな世界観のゲームですが、このデータを見る限りではいわゆるカジュアルなゲーマーにも人気があるようです。そしてFPSゲーマーは色々な意味で歴戦の勇士であることも透けて見えてきます。

ソース:Fallout 4 Causes Fall in Traffic – Pornhub Insights

http://www.pornhub.com/insights/fallout-4-release-traffic

関連記事

「Call of Duty」シリーズのブラック過ぎるパロディFPSゲーム「Duty Calls」 - DNA

FPSゲームを極めるための訓練ゲーム「FPS Trainer」 - DNA

ヤギになりきって街を恐怖のどん底に陥れるFPSゲーム「Goat Simulator」アルファ版動画 - DNA

FPSゲーマーの天敵「3D酔い」を軽減する超カンタンで画期的な方法が発見される - DNA

FPSゲームの良し悪しはグラフィックスだけでは判断できないことが分かる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧