科学と技術

段ボールとナーフ銃で最高にかっこいいM41Aパルスライフルを作る方法


どんなジャンルでも「象徴」というか「アイコン」と呼ばれるものがありますが、SF映画界こちらのM41Aパルスライフルはそれにあたるものでしょう。思う存分振り回したり、自主映画に登場させたりしたい人のために、身の回りにある材料でナーフ銃をデコレーションする方法が公開されています。

M41Aパルスライフルは「エイリアン2」に登場する植民地海兵隊が装備する自動小銃。

ジェームズ・キャメロン監督はかなりこの銃にこだわったようで、この特徴的な銃声をレコーディングするのに2日間もかけてエンジニアを困らせたそう。「スター・ウォーズ」のライトセーバー音と並んで、SF映画を象徴するサウンドとなっています。
Aliens Colonial Marines Pulse Rifle Sound Effect – YouTube

実物?はトンプソン短機関銃などいくつかの銃器を組み合わせてカバーをつけたものですが、これをナーフ銃を使って再現していきます。

まず平面写真で形をチェック。

中身となるナーフ銃は、分解して余計な部分をカットしておき、黒く塗装します。

そして段ボールでカバーというかハンドルを作り、銃を覆っていきます。特に図面などはありませんが、手を入れれば入れるほどにリアルになっていきます。

制作動画はこちらから。
Build Your Own Aliens M41-A Pulse Rifle – DIY Prop Shop – YouTube

関連記事

映画監督のジェームズ・キャメロンだけど何か質問ある? - DNA

後半2/3が大騒ぎ、傑作SF「エイリアン2」を60秒に圧縮した動画 - DNA

初代「エイリアン」が演技の練習をしているテスト撮影の動画 - DNA

エイリアンと戦った後の宇宙船のモップかけやゴミ拾いをするだけの異色FPS「Viscera Cleanup Detail」 - DNA

「エイリアン」と「プレデター」全作品鑑賞会の楽しそうすぎるタイムラプス動画 - DNA

映画「エイリアン」の「チェストバスター」はどうやって動かされていたのかがわかる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧