世界のびっくりニュース

フルHDディスプレイ24枚を使用した超巨大「マインスイーパー」大会を開催


今年2015年は、あの最強の時間泥棒ゲーム「マインスイーパー」が誕生してからちょうど30年。これを記念して超巨大ディスプレイシステムソリューションを提供するCineMassive社が、ディスプレイ24枚を使用した超巨大「マインスイーパー」大会を開催します。

「マインスイーパー」の原型である「Relentless Logic (RLogic)」がDOSに搭載されたのが1985年、プレイヤーは重要な情報を持った海兵隊員となり、ゴール目指して地雷原を1マスずつ歩いていくというゲームでした。これがちょっと変更されすべての地雷を発見すれば勝ちというルールになったのが「マインスイーパー」です。
Relentless Logic (RLogic) Gameplay – YouTube

CineMassivehaは今回の大会で10人を募集、応募ページのフォームに氏名年齢連絡先、そして「このスーパーマインスイーパーをどのようにして攻略するつもりか」を入力して送信し、当選すれば連絡があるそうです。

頭のサイズと比べると相当絶望的な広さになっているのが分かると思います。

プレイ人数を10人に絞らないと時間が足りませんね……

動画はこちらから。
Vimeo Minesweeper Super Challenge

ソース:Minesweeper Video Wall Challenge | Will You Be the One?

関連記事

「マインスイーパー×RPG」という異色の組み合わせが楽しいゲーム「マモノスイーパー」 - DNA

ゲームをやっているようにはちょっと見えないゲーム「URL Hunter」 - DNA

悔しいほどにハマるシンプルなパズルのブラウザゲーム「2048」 - DNA

迷路マップを生成するJavascriptを修正してキャラクターを脱出させるブラウザRPG「Untrusted」 - DNA

IKEA家具を組み立てる時のイライラを再現するゲーム「Höme Improvisåtion 」 - DNA

自分が動くと時間が動く、異色のバレットタイムFPSゲーム「SUPERHOT」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧