世界のびっくりニュース

撃ちたい時だけ確実に安全装置が外れるハンドガン・グロックの中身がどう動いているかが分かるカッタウェイ動画


オーストリア生まれのハンドガン、グロックシリーズには安全装置を動かすレバー類がなく、代わりに「トリガーを引き切るその瞬間までは安全装置がかかっている」という通称「セーフアクション」が導入されていますが、その複雑な動きを見られるのがこちら。まるでシリンダー上のようにいろいろなパーツが噛み合っていって、最後に撃発するところは実に興味深いものがあります。

動画はこちらから。
How a Glock Works (with Glock Cutaway) – YouTube

安全装置は携行している時や、うっかり銃を落としてしまった時などの暴発を防ぐためのもの。グロックのシステムはトリガーに触れていない時にはほぼ撃発しないので、レバー類がなくとも安全を保つことができます。

とはいえ、何らかの原因でトリガーに異物が触れてしまい、暴発してしまうこともあります。こちらの事故では変形してしまった皮革のホルスターがトリガーに干渉し、暴発してしまいました。
使い過ぎてボロボロになってしまったホルスターはとても危険 – DNA

また、あわてて抜こうとしてトリガーごとグリップを握りこんでしまって発射してしまうというという事故もあるそうです。安全の最後の要はいつも人間だということですね。

関連記事

改造したグロック17で9mm弾をこれでもかとバラまく動画 - DNA

ハンドガン2丁分の火力と、ダットサイトによる精度を両立させるアタッチメント「ドッペルグロック」 - DNA

まさしく黄金銃、金メッキ+彫刻入りのグロック35がオークションに出品中 - DNA

こんなに違う、いろいろな9㎜口径ハンドガンの銃口の跳ね上がりをハイスピード撮影で比較した動画 - DNA

使い過ぎてボロボロになってしまったホルスターはとても危険 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧