ネット・PC

ボイジャー宇宙探査機に搭載されていた「ゴールデンレコード」に録音された内容がSoundcloudで公開


今から40年近く前の1977年、2機の無人惑星探査機ボイジャー1号・2号が飛び立ちました。太陽系外の諸惑星、そして地球外生命体を探索するという壮大な目的を持った同機には地球上の様々な音を収録した「ゴールデンレコード」が搭載されていましたが、この内容がWebサービス「Soundcloud」で公開されました。

「ゴールデンレコード」は銅に金メッキをほどこしたレコード盤で、もし仮に地球外の知的生命体によって拾われた際、地球とはどのような星でどのような人間が暮らしているのか分かるよう様々な音や各国を代表する音楽が収められています。これまでのNASAのアーカイブから聴くことができましたが、今回より手軽にアクセスが可能な「Soundcloud」NASA公式アカウントにて公開されました。

「ゴールデンディスク」に収められていた音のうち「地球の音」と「各国語によるあいさつ」のプレイリストが作られています。

「地球の音」

「各国語によるあいさつ」

収録されたのが30年以上前ということで、どれも地球のどこかで録られた音なのに、どこか遠い世界のもののように聞こえます。宇宙でこれを拾う誰かからするといったいどのような音に聞こえるのでしょうか。

ソース:Voyager’s Golden Record For Aliens Now Available On SoundCloud | Popular Science

Voyager – The Interstellar Mission

関連記事

エリア51で働いてたけど何か質問ある? - DNA

「政府は『人類には早すぎる』ものを隠している」……「俺もエリア51で働いてたんだけど何か質問ある?」回答まとめ - DNA

NASAがやっている「アルマゲドン」を使った管理職研修がすごい - DNA

NASAが歴史的な宇宙飛行から最新ミッションまでの膨大な音声をSoundCloudで公開 - DNA

土星探査船カッシーニ発・宇宙の神秘を感じる動画「CASSINI MISSION」 - DNA

引き裂かれる星、ブラックホールが赤色巨星を喰らう瞬間を捉えた動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧