世界のびっくりニュース

鍵、ナイフ、ヤスリを使ってApple Watchのディスプレイの傷つきやすさを確かめてみた動画


日頃使うガジェットで気になるのは傷に対する強さ。特に身につけて使うものは、うっかりぶつけてしまうことも多く、丈夫さは特に気になる問題です。こちらの男性は、Apple Watchのディスプレイパネルのスペアパーツを入手、表面を色々なものでこすって強度を確かめてみています。

動画はこちらから。
Apple Watch – Will It Scratch? – YouTube

かなり薄く、柔らかい素材に見えるのですが鍵やナイフでは問題ありません。これが紙やすりになるとキズが入るので、これは硬さよりもこする面の形状や状態などの影響が大きいようにも見えます。耐衝撃性はまた別の問題ですが多少手荒く使っても大丈夫そうですね。

関連記事

12ポンドのボーリング球の落下の衝撃にも耐えるiPadスリーブ「iPad Extreme Sleeve」 - DNA

[閲覧注意]ポケットのiPhoneに弾が当たって兵士の命が助かる - DNA

「これが僕のAKです。今から社長を撃ちます……」衝撃の動画が公開 - DNA

iPhone4Sの意外な弱点、50口径のライフル弾には耐えられないことが判明 - DNA

iPhoneの「銃弾が貫通する脆弱性」を一部修正するスクリーンプロテクタ「ClearPlex」が登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧