エンタメ

ブロムカンプ監督「『チャッピー』日本編集版については聞いていない」とツイート


もうすぐ公開となったブロムカンプ監督のSF映画「チャッピー」。意思を持ったロボット、チャッピーの戦いと「精神と肉体」という永遠のテーマについて描かれた作品ですが、この「日本版カット」について監督とソニー・ピクチャーズの間でやや食い違いが見られています。

ニール・ブロムカンプ監督の「チャッピー」については、レーティングを緩和するため一部ゴアな表現をカットするというアナウンスが出されていました。

「第9地区」「エリジウム」といった作品を見れば分かる通り、こうした表現はブロムカンプ監督の「作風」の一部。それをカットしてしまうと監督の作品である意味がなくなるのではないか……という声が非常にたくさん見られました。

しかし、日本のファンがTwitterでブロムカンプ監督に「一部がカットされた日本独自編集版があるのを知っているか」と問いかけたところ……

「いや……確認してみる。そんなことは聞いていない」

「監督の賛同を得た上で」行われたカットについて、監督自身は記憶に無いとコメントしました。

昨今、映画は世界展開が当たり前となり、そのため各国の文化や独自レーティングとのすり合わせ、ローカライズ作業もまた当然のものとなっています。最終的な決定権を持つのが誰かは契約によりますが、普通、監督が再編集版の存在を知らないということはありません。

対して監督は「編集はワールドワイド版1つしかないよ」と言っています。

レーティングに向けた調整はより多くのファンに届けるために必要な措置とはいえ、いささかやや食い違いが見られます。今後も注視したいところです。

関連記事

「エリジウム」のブロムカンプ監督の新作ロボット・ニューマンドラマ映画「CHAPPIE」予告編 - DNA

意思を持ってしまったロボットが生存を賭けて戦う映画「CHAPPIE」予告編 - DNA

スティーブン・ソダーバーグ監督が「2001年宇宙の旅」を再編集するとこうなる - DNA

編集のマジック、「ジョーズ」をハートフルドラマ風にアレンジした動画 - DNA

「ゼロ・グラビティ」のすべての謎が明らかになる「別編集版」冒頭シーン - DNA

映画監督のジェームズ・キャメロンだけど何か質問ある? - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧