科学と技術

さらに消音 サイレンサーをつけた銃で「サブソニック弾」と通常の弾を撃ち分けてみるとこうなる


発砲音を抑えるには、銃にサイレンサー(サプレッサー)を装着するだけでは不十分。衝撃波の音を消すために、弾の速度が音速を超えない「サブソニック(亜音速)弾」を使用すると、さらに音を小さくできる……わけですが実際どの程度小さくなるのでしょうか。亜音速弾と通常の弾丸を交互に撃ち分けてみるとその効果がわかります。

動画はこちらから。22口径ということでもともとそれほど大きな音の銃ではありませんが、それでもはっきりとサブソニック弾の効果が分かります。音が遠くに届かないので、反響がものすごく小さくなっていますね。
Subsonic vs. Supersonic Ammo Suppressed Shooting – YouTube

音が小さくなると、それだけ発砲音の方向を特定しづらくなり、戦いを有利に進めることができます。もちろん最近は指向性のマイクを使って発砲音の方向を特定するという装置も活用されており、いたちごっこなわけですが……。

トップ画像:Toys | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

「銃声を抑えるあの部品」の名前は「サイレンサー」と「サプレッサー」のどちらが正解か - DNA

本当によく見る「サイレンサー」あるいは「サプレッサー」に関する質問まとめ - DNA

ほんとに音は消える?銃につけるサイレンサーの効果がよくわかる動画 - DNA

「大きな拍手程度」まで減音できる散弾銃用サイレンサー「Salvo」の試し撃ち動画 - DNA

刺したものを爆砕できる「WASPナイフ」や暗殺用の「消音拳銃ナイフ」など、世界の珍しいナイフいろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧