科学と技術

秒間17万コマの超スロー再生で高速回転するコンパクトディスクを見るとこうなる


CDやDVDなどは回転速度をあげるほどデータの読み込みが速くなるのはよく知られていますが、実は速度には上限があって、一定以上回転数をあげるとこんな感じで大変なことが起こってしまいます。このときディスクには何が起こっているのか?秒間17万コマという超スロー再生で見ると、CDとは思えないような意外なCDの姿が写っていました。

動画はこちらから。色々と再生速度を変えて決定的瞬間を見せてくれます。
CD Shattering at 170,000FPS! – The Slow Mo Guys – YouTube

最も高速な読み取り機で、CDの場合だいたい50倍速弱というところ。破壊が起こる2万3千回転は60倍速程度なので、意外ともう限界に近かったようです。アクリルの円盤が精密に作られていればもうちょっと頑張れるかもしれませんが、値段的には難しいですね。

関連記事

普通のCDを超高速で回転させてはいけない - DNA

いらないCDを火で炙って息を吹きかけるとすごいことが起こる - DNA

CDを砕いた破片から生まれた光り輝く美しい動物のモデルの画像 - DNA

光学ドライブに収納できる無線マウスのコンセプトデザイン「Flat CD Mouse」 - DNA

カメラのシャッターの動きとはたらきを完全に理解できるスーパースローモーション動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧