世界のびっくりニュース

立ちション野郎どもに「超撥水コーティング」で復讐するプロジェクト


ドイツ・ハンブルグのザンクトパウリ地区にあるレーパーバーンは同国屈指の歓楽街。毎年2000万人にありとあらゆる娯楽を提供する街ですが、立ちション被害もうなぎのぼり。怒った住民は、科学の力で復讐することにしたのです。

歓楽街が人で賑わうのはいいのですが、問題は酔っぱらいの男どもが立ちションをしていくこと。住民たちは立ち上がり「We Pee Back(「おしっこし返す」と「pay back(復讐)」をかけたダジャレ)」の看板を掲げました。

そして立ちション被害がひどい地域の壁に、水分を完全にはじいてしまう超撥水コーティングをほどこしたのです。

知らずに立ちションすると、下に流れていかずに跳ね返ってくるという仕組み。

思わずのけぞる酔っぱらい。効果はバツグンです。

おしっこを吸収するわけではなく跳ね返すだけなので汚いのは変わりないのですが、これに懲りて立ちションはしなくなる……でしょうか。その後の経過も気になります。動画はこちらから。
St. Pauli pinkelt zurück // St. Pauli Peeback – YouTube

これで立ちションが少なくなっていなかったらもう「電撃トラップ」しかありませんね。電撃ハエ叩きにおしっこをかけて悶絶することになった男性がいたりと効果も十分です。

関連記事

チェコのとある街に設置された「立ちション禁止」看板が怖い - DNA

戦慄の動画「電撃ハエ叩き」におしっこをかけるとこうなる - DNA

女性用立ちショントイレが中国に登場 - DNA

見えない危険、1930年に描かれた「感電死」を解説するイラスト30枚 - DNA

強烈なスタンガンをくらった瞬間の至福の表情を捉えた写真・映像シリーズ「Taser Photoshoot」 - DNA

ブリュッセルの有名な小便小僧は同じ市内に「妹」と「ペット」がいる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧