世界のびっくりニュース

第2次世界大戦の悲劇をテーマにした「レニングラード包囲戦ダイエット」に非難殺到


ダイエットビジネスでは、痩せるための方法にインパクトがないと目立つことができません。しかしさすがに70万人の一般市民が犠牲となった第2次世界大戦の悲劇・レニングラード包囲戦をテーマにしたダイエットというのはやり過ぎではないのか、とSNSで炎上騒ぎがあったようです。

ロシアのダイエッターグループのリーダー、アレクサンダー・サイリーが提唱するこのダイエットは、レニングラード包囲戦当時の市民に配給されたのとほぼ同じ食事を続けることで「レニングラードの大勝利と連帯からエネルギーをチャージする」もの。1日に食べられるのはパン400グラム、男性はこれに加えてウォッカ100グラムを摂取できます。パンについては通常のものだけでなく、おがくず、キャットフードなどを加えた非常に粗末なものを焼くことも推奨されていました。

どう考えても必要な栄養素が足りない粗悪なダイエット方法であることはもちろん、当時の生存者やその子孫の感情を逆撫でするものでもあり「いったい何を考えているんだ」とSNSで大炎上。しかし主催者は「レニングラード包囲戦71周年を記念した。何が問題か分からない」と困惑しているということです。

ソース:The "Leningrad Blockade Diet" Works — Because It’s Starvation – BuzzFeed News

トップ画像:File:RIAN archive 907 Leningradians queueing up for water.jpg – Wikimedia Commons

関連記事

ロシア帝国時代の首都「サンクトペテルブルグ」の歴史的建造物や魅力あふれる街並みのタイムラプス動画 - DNA

毎日ロシア国歌を流すと集まってきて一緒に歌う犬達の動画 - DNA

冷戦の終わりまで使われていた旧ソ連の廃墟化した核実験場の写真シリーズ「Dust」 - DNA

歴史の闇に消えた旧ソ連初の女性宇宙飛行士の通信音声から作られたショートフィルム「Kosmonauta」 - DNA

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ - DNA

イカつさ満点、旧ソ連の軍用コンピュータで使用されていたメモリキューブがオークションに登場 - DNA

恐怖心を煽られるヨーロッパ旧共産圏の廃墟と化したソ連感満点の建築物の写真集「Soviet Ghosts」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧