ゲーム

「カチャカチャ……ターン!」で遊べるハッキング×音ゲーな同人ゲーム「Hacker’sBeat」


「こんなセキュリティ、無いも同然だぜ」とうそぶきつつ、猛烈な速度でタイピング、そして「ターン!」とエンターキーを叩くのがハリウッド式のハッカーですが、これを「音ゲー」として遊べるのがこちらの「Hacker’sBeat」。コミックマーケット87で頒布されるそうですが、この予告編がアップされています。


「Hacker’sBeat」は「Team TANDS+」が制作した同人ゲーム。

「ビートマニア」「たいこでドン!」といった「音ゲー」のようにタイミングに合わせてキーを叩いていくのがプレーの基本。なおセリフは特に必要ないようです。

3種類の「ノート」によって、キーボードの叩き方をちょっと変えることになります。

この緑の四角は、1回だけキーを叩くノート。ちなみに叩くキーは場所がだいたい合ってればOKなので、爽快なプレーが楽しめます。

キーを連打するノート。

そして「Enter」を叩くノート。華麗にキメましょう。

これで華麗にハッキング決めているかのようなタイピングを行うことができます。仕事中でも遊べそうですね。動画はこちらから。
【C87】 ハッキング×音ゲー Hacker’sBeat PV – YouTube

なお、コミックマーケット87 3日目 西地区’い’ブロック19b「Team TANDS+」で頒布されるということです。ゲームの公式ページは以下のとおりです。

ソース:TEAM TANDS+

関連記事

ドイツのハッカー、検閲を避けるため独自の通信衛星の打ち上げを計画中 - DNA

ハッカー達の時代、MS-DOSコンピュータ・ウィルスの挙動はこんなにもユニークだった - DNA

誰でも簡単に(ハリウッド式の)スーパーハッカーになれるスクリプト「Hacker Typer」 - DNA

ハッカー集団「アノニマス」が大規模イタズラ「Operation UFO」を5月22日に計画中 - DNA

90年代の映画から「ハッキングしているシーン」をマッシュアップした動画 - DNA

ネットで現在進行中のサイバー攻撃をリアルタイムに可視化する世界地図 - DNA

映画「ジュラシック・パーク」の「あのウザい端末」をブラウザで再現した「Jurassic Systems」 - DNA

古いのに何故かすごく新しい80年代映画の「ハッキングしているシーン」だけをマッシュアップ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧