世界のびっくりニュース

うっかり「カギ十字」を入れてしまったラッピングペーパーに対してクレーム


同じパターンが何回も出てくる幾何学模様を作っているうちに、うっかりミスってしまったのかそれともデザイナーが秘密結社か何かの人だったのか、ラッピングペーパーにうっかりナチス党のシンボル「カギ十字」を入れてしまったためにクレームになってしまうという事件がありました。

事件があったのはアメリカ・南カリフォルニアのとある雑貨店。見事にナチスのカギ十字が出てきてしまっています。

気になるといえば気になるし、気にならないといえば気にならない……と言えなくもないデザインですがどうでしょうか。

ちなみに、最初に発見したのは、12月中旬に行われるユダヤ教の行事「ハヌカ」のために、ラッピングペーパーを探しに来たシャピロさんというユダヤ系の苗字の女性。「ナチ問題」はまだまだ終わっていないということがよく分かる事件です。

ソース:Grandmother Finds "Swastika"-Like Pattern on Wrapping Paper at SoCal Store | NBC Southern California

関連記事

60年代テイストのナチスドイツと戦うアクションコメディテレビドラマ「Danger 5」 - DNA

ナチのコスプレ集団、ユダヤ系のカップルに「迫害される難民役やって」とお願いして騒ぎに - DNA

ドイツ人男性、「ヒトラーの演説を着ボイスにした」罪で6ヶ月の懲役 - DNA

独裁者ヒトラーが演説の時の身振り手振りを特訓しているところの極秘写真 - DNA

いかにして「アイアン・スカイ」は成し遂げられたか~ティモ・ヴオレンソラ監督インタビュー - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧