世界のびっくりニュース

仁義なき戦い ニセ学術雑誌がすさまじい内容のダミー論文をアセプトする


「どれくらい論文雑誌に取り上げられたか」は論文の価値を測る指標の一つ。そのため「お金を払えば載せてあげるよ」と言ってくる活動実態のない詐欺雑誌もあったりするのですが、そういうニセモノがダミー論文を採用してしまったことが話題となっています。

話題の中心は「先進コンピューター技術国際ジャーナル(IJACT)」と自称する学術雑誌。同名の団体がいくつか存在し、編集者やレビュアーも名前と現在の肩書が合っていないなど、おそらくニセ雑誌と思われるのですが、そこに送りつけられた論文がコレ。

タイトル「おめーのところのメーリングリストからアドレスを削除しろ(Get me off Your Fucking Mailing List)」という論文がこちら。
Get me off Your Fucking Mailing List(PDF)

2005年、スパムメールに対抗するために作られたものと言われていますが、ご覧のとおりありとあらゆる方法でアドレスを削除して欲しい旨を叫んでいます。

IJACTからの掲載論文を募集するスパムメールに対し、フェデレーション大学のヴァンプリュー博士は即座にこの論文のPDFファイルを返信したところ、皮肉が通じなかったのか「この論文は掲載基準に合格しました」という通知と、掲載料の振込を求めるメールが来たとのこと。ニセモノをやるならもっと色々と考えるべきですね。

ソース:Bogus Journal Accepts Profanity-Laced Anti-Spam Paper | Scholarly Open Access

関連記事

既に80万冊を「執筆」、書籍を自動で生成しAmazonで販売するプログラムが稼働中 - DNA

古今東西の文豪たちが語る「書くこと」についての30の名言 - DNA

Wikipediaが更新される様子を雨だれのように可視化するWebサービス「Listen to Wikipedia」 - DNA

交通違反をした物理学者、論文で数学的に自分の無罪を証明 - DNA

大手ウソニュースサイト「The Onion」が買い手・出資者を募集中 - DNA

一度信じてしまった「デマ情報」はものすごく訂正しにくいことが研究で明らかに - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧