アートとデザイン

90年代の映画から「ハッキングしているシーン」をマッシュアップした動画


以前「80年代のハッキングシーン」を集めた動画をご紹介しましたが、今回は90年代。コンピューターというものがだいぶ普及した中で登場したハッキングシーンは、だいぶ多様化が進んだのが見えてきます。

動画はこちらから。
90s Computer Hacking Supercut: A Whole New World – YouTube

アメリカで80年代にスタートした「サイバーパンク」の流行によって「電脳世界」のイメージが確立したのか、トラディショナルなキーボードを叩くハッカーに加えて、ネットワーク空間にジャックインしたハッカー達の活躍がいくつも見られます。

サイバーパンクムーブメントの旗手、ウィリアム・ギブスン原作の「JM」と「マシンガン撮影」など圧倒的な映像で見せたウォシャウスキー兄弟の「マトリックス」の両方に出ているキアヌ・リーブスが印象的ですね。

関連記事

誰でも簡単に(ハリウッド式の)スーパーハッカーになれるスクリプト「Hacker Typer」 - DNA

ハッカー達の時代、MS-DOSコンピュータ・ウィルスの挙動はこんなにもユニークだった - DNA

映画「ジュラシック・パーク」の「あのウザい端末」をブラウザで再現した「Jurassic Systems」 - DNA

キヤノンのプリンタをハックして「Doom」を遊べるようにすることに成功 - DNA

SSH接続でよく使われる「ユーザー名」と「パスワード」を収集し、1時間ごとにタグクラウドにして公開しているサイト - DNA

CRTディスプレイ時代のビンテージ環境を絶妙に再現したターミナル・アプリ「Cathode」 - DNA

古いのに何故かすごく新しい80年代映画の「ハッキングしているシーン」だけをマッシュアップ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧