世界のびっくりニュース

オーケストラが世界最辛のトウガラシを食べながら情熱的なタンゴを演奏するとこうなる


指揮者の腕の動きが演奏に影響をあたえることは科学的に証明されていますが、それではホットなトウガラシを食べると演奏もホットになるのでしょうか。


動画はこちらから。
Classical orchestra eating the worlds hottest chili peppers … – YouTube

仕掛け人はトウガラシ調味料を販売するChili Klaus。ほぼ全員がモジモジしながらの演奏は見ている方も手に汗握る緊張感ですが、音にはそれほど影響はないようです。さすがプロですね。

関連記事

ちょっとイケナイ形状のトウガラシを栽培できるキット「Chilli Willy kit」 - DNA

ハバネロで激辛に仕上がった「地獄のガミーベア」が発売 - DNA

「世界一辛い坦坦麺」を食べに「DRAGON RED RIVER」に行ってきた - DNA

クラシック音楽愛好家には効果てきめんな「携帯の電源を切ってください」サイン - DNA

ドバイ渾身の新年祝い、生オーケストラとブルジュ・ハリファで打ち上がる花火の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧