世界のびっくりニュース

DARPAが開発した「筋力増強スキンスーツ」をアメリカ陸軍が評価試験開始


古代の昔から変わらず兵士たちに求められているのは「大量の荷物を持って長距離を移動する」こと。自動車が入っていけないような道でも大量の武器や食料を持っていけるよう、本当に色々なアイディアが検討されていますが、その中でもおそらく最も現実的な「スキンスーツ型強化外骨格」をアメリカ陸軍が試験しています。

「スキンスーツ型強化外骨格」はアメリカ国防総省の研究機関・DARPAとハーバード大学の研究者が共同で開発を進めていたもの。重たいダンパーやアクチュエーターではなく、体にそって装着されたワイヤーを使って筋力を補強することで、服の下に着用できるコンパクトさを実現するというものでした。

ワイヤーの網に包まれていることから「Warrior Web」計画と呼ばれていますが、このたびアバディーン陸軍試験場で評価試験が行われ、その様子が公開されています。

「Warrior Web」を下半身に装着した兵士。

黒いベルトの中をワイヤーが通っており、腰のコントローラーがテンションをかけることで筋肉や腱の力を補助してくれます。

現代の歩兵装備、特にアメリカのものはどんどん大量に重たくなっていく傾向にあります。このため戦闘になる前に疲労したり負傷したりして戦力が低下することが問題になっていました。

消費酸素量や歩幅、速度、衝撃などいろいろなデータが計測されます。

現在はワイヤーを使った限定的なものですが、当初のコンセプトは電力・磁力によって硬化・収縮する特殊な繊維でスキンスーツを作り、全身の筋肉の補強を行うというものでした。導電性の繊維による戦闘服は電子機器の制御のために試験が進んでいるものがあり、そう遠くない未来に全身タイツの兵士が信じられない跳躍力で突撃してくるようになると思われます。

動画はこちらから。
Army evaluates DARPA’s futuristic soft exosuit – YouTube

ソース:Army evaluates DARPA’s futuristic soft exosuit « Army Technology Live

関連記事

アメリカ軍とハーバード大学が開発した「筋力増強スキンスーツ」のプロトタイプの動画 - DNA

兵士の筋力をアシストする「スキンスーツ型強化外骨格」をDARPAが開発中 - DNA

米アリゾナ州立大学の研究者、ジェットエンジンを背負うと速く走れることを発見 - DNA

荷物の重さを85%も軽減するイスラエル生まれの画期的な荷物運搬システム「サムソン・システム」 - DNA

無限に弾を撃てるゲームキャラは、どんな荷物を背負っているのか分かる動画 - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

牛の体格とハチのエンジン音で駆け込んでくる恐るべき新型四足歩行ロボ「WildCat」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧