世界のびっくりニュース

[字幕動画]80年代に作られたウェンディーズの従業員向けのソウルフルかつファンキーなトレーニング動画


グリルされたハンバーグに拘ったファーストフードチェーン「ウェンディーズ」は、2011年に再上陸するなど日本でもファンが多いブランド。彼らが80年代に作っていたトレーニン動画は80年代ポップスに乗せて歌いながら解説するという大変ファンキーなものでした。


歌っているのは当時17歳で、その後シンシナティ市議会議員のアシスタントなどをしていたマーヴィン・ホーキンス。ギャラは700ドルだったそうです。

下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

有志がカラオケ版を作り公開しています。
Wendy’s Hot Drinks Karaoke – From the Wendy’s Training Video – YouTube

ウェンディーズは当時他にもこうした教習ビデオを制作していたようです。こちらはチリビーンズ版。すべてのメニューにこのようなビデオがあるようです。

関連記事

[字幕動画]最後までやたらハイテンションな「戦場でのコーヒーの入れ方」動画 - DNA

[閲覧注意]ドイツのフォークリフト教習ビデオがスプラッタ過ぎてとにかくすごい - DNA

[字幕動画]国土安全保障省の教育ビデオ「もしあなたの職場で乱射事件が起こったら」 - DNA

[字幕動画]1997年の全然エロくない「サイバーセックス教則ビデオ」 - DNA

[字幕動画]ハリウッド式特殊部隊の作り方「Hollywood Boot Camp」Part1 - DNA

[字幕動画]今日から覚える軍や警察の突入部隊員向け「ハンドサイン」の教習動画(Part1/2) - DNA

[字幕動画]トラヴィス・ハーレイが語る「エアガンで効果的な訓練を行なう方法」 - DNA

ドイツ語が他の言葉よりも圧倒的な迫力があることが分かる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧