科学と技術

2014年ノーベル物理学賞を受賞した3人の日本人には「意外な共通点」があったことが判明


2014年のノーベル物理学賞は「高輝度で省エネルギーの白色光源を可能にした効率的な青色LEDの開発」について、3人の日本人が受賞するという快挙となりましたが、この3人には実に意外な共通点があることが判明しました。

意外な共通点を紹介しているのは「東大みかん愛好会」のTwitterアカウント。

愛媛県出身の中村修二氏、静岡県出身の天野浩氏、鹿児島県出身の赤崎勇氏。みかんの収穫量をみると確かに栽培が盛んな県であることが分かります。

都道府県別蜜柑(みかん)収穫量ランキング | 日本一・ランキング

ちなみに産量2位の愛媛県はノーベル文学賞を受賞した大江健三郎氏の出身地でもあります。この理屈だと産量トップの和歌山県からの受賞者も出そうですが、日本人初の湯川秀樹博士の父が和歌山出身です。やはりみかんとノーベル賞には強い関係があると言わざるを得ないのかもしれません。

関連記事

想像力は無限大、奇妙な研究が受賞する「イグ・ノーベル賞」2012年の受賞一覧 - DNA

手作り感たっぷりの果物の皮メルメットをかぶらされた猫たちのキュートな写真15枚 - DNA

本土最南端の地で練乳たっぷりの甘いカキ氷「しろくま」を食べてみた - DNA

傑作・名作・世紀の大発明を生んだ世界の実業家・科学者・作家たちのデスクや仕事部屋の写真 - DNA

Bitcoinの開発者「サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)」の正体が明らかに - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧