ネット・PC

開発用プロトタイプと思われる初代iPhoneがオークションに出品される


最近のスマートフォンは毎年モデルチェンジするくらいの勢いですが、初代iPhoneは開発に30ヶ月、つまり約2年半かかったそうです。今回出品されている「初代iPhone」のプロトタイプはその道のりの長さをものすごく感じさせます。

1. 入手経路は不明な初代iPhoneのプロトタイプ。試験中についたと思しき傷がついています。

2. おそらくハードウェアがちゃんと動作するかテストするためのものなので、インターフェイスはまったく違います。

3. バージョン?と思われる「Skank is the new black」の表示。「Skank」は動物の「スカンク(Skunk)」ではなく「汚いもの」「ふしだらな女」などの意味。未完成品であることを示しているのでしょうか。

4. 電話やGPS、カメラなどに直接アクセスするためのソフトウェアのようです。

5.

6.

7.

ちなみにiPhone6のプロトタイプも出品されていたようです。こちらもテスト用のファームウェアだった様子。

8. Brand New RARE Apple iPhone 6 Prototype 64GB | eBay

9.

10. LTEやGPS電波強度を示していると思われるゲージ

ソース:Very RARE iPhone 2G Prototype | eBay

関連記事

Apple社のキーボードについてる「コマンドキー」アイコンの元ネタはコレだった - DNA

レトロさがすごく新鮮、80年代風のiPhoneインターフェイス「iOS ’86」 - DNA

SFっぽい短機関銃「KRISS Vector」のプロトタイプはさらにSFっぽい見た目だった - DNA

80年代のApple社が未来を見据えてデザインしていた製品のプロトタイプいろいろ - DNA

NASAの新宇宙服のプロトタイプデザインが「トイ・ストーリー」のあの人っぽい - DNA

アメリカ海軍特殊部隊シールズのプロトタイプ迷彩服の画像が流出か - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧