ゲーム

スマホであらゆる街を戦場にしてしまう超大規模FPS陣取りゲーム「Father.IO」


現実の街にあるオブジェや建物を利用して遊ぶGoogleの拡張現実「陣取り」ゲーム「Ingress」が今大流行していますが、これに銃撃戦を加えたさらにマッシブなゲーム「Father.IO」がベータテストに向けて話題になっているようです。


「Father.IO」はいつ何時ゲームが始まるか分かりません。街を歩いているとこのように「警告:敵が近くにいる」と連絡が入ってきます。

スマホのカメラを戦闘モードに移行。FPSのプレイ画面のようですね。

で、敵であるプレーヤーが近くに来たら、装着したガンユニットで撃つことができるわけです。射撃可能距離は50mほどになる様子。

敵を倒すとこのように得点になります。射殺されると一定時間ゲームに参加できなくなるようです。

敵を倒すのと同じく大事なのが、街に貼られたチェックポイントを支配すること。

記載されたバーコードを読み取る方式。さすがに「Ingress」のような大規模サーバー群は用意できなかったようですね。

見た目は写真を撮りまくってる人にしか見えませんが、ありとあらゆるところに潜む敵と味方とともに、戦場となった街を生き抜くアクションが楽しめそうです。

レーダー付きなので敵の位置も分かるようです。

試作中のガンユニット。射撃判定は赤外線方式でしょうか。

イメージ動画はこちらから。
father.io | Real Life Massive Multiplayer First Person Shooter – YouTube

現在、約1万人が登録してベータテストの開始をまっています。詳細は不明ですがガンユニットがあるので無料参加は難しいかもしれませんね。登録は以下の公式サイトからどうぞ。
Father.IO – The First Person Shooter in Real Life

イメージ動画ではハメコミ合成でしたが実際のスマホアプリ・ガンユニットはこんな感じになるようです。
father.io – summer test – YouTube

スマートフォンとネットを使った銃撃戦ゲームのアイディアは「Tek Recon」などこれまでにもいくつかありましたが、これをさらに広げて24時間365日、常時インゲーム中にしてしまうというのはなかなかすごいアイディア。

街で出会うすべての人といつ銃撃戦が始まってもおかしくない緊張感に常時さらされるというのは、究極のゲーム体験かもしれません。運用開始が楽しみです。

関連記事

現実世界とオンラインゲームのいいところを合わせた銃撃戦ゲーム「Tek Recon」 - DNA

FPSゲームを極限までリアルにしてくれるガン型ゲームコントローラー「Delta Six」 - DNA

トリガーを引くとページが送られる銃型プレゼンコントローラー「SLIDE ARM」 - DNA

スポンジ銃をプロップに使った史上おそらく最も激しい銃撃戦動画 - DNA

[閲覧注意]乱れ飛ぶ銃弾、映画の銃撃戦だけを集めに集めたマッシュアップ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧