ネット・PC

「すでに曲がったiPhone 6 Plusのための保護ケース」を3Dプリンタで作れるデータが公開


「iPhone 6シリーズはものすごく曲がりやすい」と各所で話題になっていますが、DNAを読んでいる人の中にも既に曲げてしまった人もいるのではないでしょうか。もはや「曲がっているのがデフォ」となりそうなiPhone 6のためにちょっぴり曲がったケースの3Dプリンタ用データが公開されました。

3Dプリンタ用としてはごく一般的なSTLファイルで公開されています。曲がっている場所が違う場合は自分でデータを修正する必要があるのが難点ですね。

DLはこちらのページからどうぞ。
Iphone 6 plus case pre-bent by jerid – Thingiverse

大規模集団訴訟、まではイカない間でもかなりのマイナスイメージ作りに貢献してしまったiPhone 6 Plus。もうむしろ最初からこの形で作って売れば良かったのではないか……と思ってしまいますね。

関連記事

「iPhone 6+」はやっぱり「5」よりも曲がりやすかったことが消費者団体のテストで判明 - DNA

お尻のポケットにiPhoneを入れて持ち歩いてはいけない - DNA

初代から「6」まで歴代iPhoneのカメラ性能を徹底比較する画像いろいろ - DNA

あなたのiPhoneをバブリーな80年代仕様にしてしまうケース「80s Retro iPhone Case」 - DNA

あなたのiPhone4Sを90年代風にしてくれる「90s case for iPhone 4S」 - DNA

タフな職業ご用達、あの「Pelican(ペリカン)」のiPhone5/iPad用保護ケース「ProGear Vault Series」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧